Vol.4

整形外科で活躍する柔道整復師

49

初めまして。整形外科おおたきクリニックに勤務している『小谷拓也』です。

私は2016年3月より柔道整復師として当院に在籍しています。

今回は『整形外科』で勤務して、学んだ事・感じた事を記事にしたいと思います。

まず、

医師がいます

当たり前のことですが。(笑)

ただ、実は知らない人も多くいます。『整形外科』には医師がいて、『整骨院』には医師がいません。この点は大きな違いです。

整形外科でのリハビリは『医師の指示の下』行うので、安心して行えます。また現場経験の少ない柔道整復師でも適切にリハビリを行こなう事が出来ます。

その他、疾患の診断方法やレントゲンの診かた、シーネ・アルフェンスの製作など、さまざまな事を直に医師から学ぶことが出来、自分の糧になる事が多くあります。

次に、

多職種が在籍している

当院では柔道整復師以外に、医師・理学療法士・鍼灸師・看護師・診療放射線技師がいます。1つの疾患に対しさまざまな角度から捉えられ、より良い治療法を日々考察しています。

特に理学療法士・鍼灸師の先生とは話す機会が多く、それぞれの治療に対する考えや方針を共有し、毎日良い刺激をもらってます。

最後に、

公私が充実しました

正直この気持ちが大きくあります。仕事のやりがいとプライベートの充実。この両方が成立してこそ、将来を見据えることが出来ると思います。辛い経験もたくさんしましたが、全て成長に繋がっています。

これからも自己研鑽を積み、もっともっと素敵な柔道整復師になれるよう励んでいきます。地域の皆様どうぞ引き続きよろしくお願い致します。

OTHER ARTICLES